通販で買えるフィンペシア、本当に安全?

2019年3月12日

薄毛・抜け毛の進行を食い止めてくれるフィンペシア
日本では未発売のため、個人輸入代行サイトでのみ注文・購入が可能です。

しかし海外から医薬品を取り寄せるということ、顔の見えない相手と取引するということは、さまざまな危険があることを知っておかなければいけません。

どんなリスクがあるのか?
安全に通販を利用する方法はないのか?

ネット購入についての理解を深めることが、自分の身を守ることにつながるのです。

通販で薬を買うリスク

通販で薬を買うリスク

通販の危険性は大きくふたつ。
詐欺被害健康被害です。

詐欺に遭う危険

利用した通販サイトが悪徳業者だった場合には、
・フィンペシアを注文しても届かない
・届いたフィンペシアを服用しても効果がない

といったリスクがあります。

代金を支払ったのにいつまで待っても商品が届かない、問い合わせてみても返事がない・・。
届いたフィンペシアを数ヵ月服用してもまったく変化が見られないなど、「こんなハズじゃなかったのに・・」という結果に。

一度支払った料金が返ってくることはまずありません。
詐欺だと気づいても、諦めるしかないのです。

健康被害に遭う危険

フィンペシアだと思って服用していた薬が偽造薬だった場合、有効成分を配合していないどころか異物や有害な薬物が混入している危険性があります。
抜け毛が止まらないどころか、思いもよらないような体調不良が続くことも。

また正規品だったとしても、体質に合わなかった・重い副作用が続いてしまったといった場合には個人輸入ではすべて自己責任です。
国内で流通している医薬品で起こった副作用で障害が残ったり死亡した場合には、医薬品副作用被害救済制度による給付金を受けることが可能。
しかし個人輸入で買ったフィンペシアで何が起こっても、救済制度の対象外です。

安全な通販サイトを見極める!

安全なサイトを選ぶ

詐欺や偽造薬による健康被害に遭わないためには、正規品が届くかどうかがカギ。
正規品を購入するためには、「詐欺をしていない」と信用できる通販サイトを利用することです。
安く買えるからという理由だけでサイトを探してはとても危険!
取扱商品の信頼性=通販サイトの信頼性
安心できるフィンペシアは、安心して利用できるサイトで購入する!と心得ておきましょう。

どんなサイトなら安全なのか?何に気をつければいいのか?

フィンペシアを注文する前のチェックポイントをご紹介します!

特定商取引法を守っている

インターネット上で商売を行なう際には、売買について必要な情報を詳しく掲載しなければいけません。

価格や支払い方法はもちろん、申し込みの有効期限、事業者の氏名や住所、電話番号など、を明記することが定められています。

カード利用OK

クレジット決済は現金取引とは異なり、カード会社が立て替えたのちに引き落としを行うという信用取引。
そのため、クレジット機能を導入しようとする業者には、事前に厳しい審査が行なわれます。
カード払いが可能なサイトは、審査を通過してカード会社から認められているということなので信用できると考えてOK。

また個人輸入では、代金引換ができません。
代引き対応しているサイトは国内に商品をストックしている可能性があり、個人輸入という前提に反しています。

運営実績が長い・サイトの名前を聞いたことがある

長く続いているということは、それだけ安定したユーザーがいるということ。
評判が悪いサイトならリピーターはつかないですし、利用者は減っていくはず。

運営歴が長い=リピーターが多い=効果のある薬が買える、と考えられます。

SNSでの評判がいい

ツイッターや個人のブログ、掲示板サイトなどでサイト名を検索してみてください。
「買った薬を飲んでも効かなかった」「一度も連絡がなくて不安だった」など、悪い意見があればすぐに見つけられるはずです。

反対に、「ちゃんと効果のある薬が安く買えてよかった」「問い合わせたらすぐに返事をくれた」といった良い評判があるサイトは信頼度アップ。
トラブルの報告がないサイトを選ぶようにしましょう。

電話対応の問い合わせ窓口がある

海外の製薬会社との仲介役を担っているのが個人輸入代行サイト。
日本人が注文・購入するのに、外国人スタッフが対応するのではコミュニケーションの点で少し不安です。
日本語対応のスタッフが常駐していて、メールだけでなく電話でも質問に答えてくれるという体制なら安心して利用できます。

Posted by YOSHIHIKO


PAGE TOP